@油圧シリンダー工房.com

シール交換について

油圧シリンダーについて、よくお話しに出ますのが「シール交換(パッキン交換)したい」というものです。

シール交換をする場合、特にメーカー名と、使用されているパッキン名が必要です(※当社でロッド受け及びピストンを製作する場合を除く)。

ロッド受け
ピストン
これは、お客様の提出された図面と、パッキンリストより教えて頂く必要がございます。
パッキンのメーカーや品番が分かった時点からパッキンを取り寄せ、当社に入り次第交換に取り掛かり、そこから約二日間でできます。
しかし、「パッキンの種類が不明」、または「メーカーの生産終了などで現在入手困難」等の場合、ロッド受けを当社にて製作、という事もございます。

私どもでも、最近風力発電用のシリンダーのパッキン交換のご相談を受ける事があるのですが、多いのが「外国のメーカーのパッキンを交換してほしい」との要望です。
その場合、メーカー名とパッキン名をお教え頂き、入手可能な物であれば手配することも可能です。
ただ、日本で使用されるシリンダーの場合には、当社では特に日本製に置き換えることを進めております。
なぜかと言いますと、入手が容易であることなどから、今回だけでなく今後のケアも含め、パッキンに対するコストが下がるからです。


お問い合わせはこちらから

◆「こんなシリンダーほしいんだけど」とお思いの方は
ぜひ、当社にお声をおかけください。
また、仕様に近い商品群をご覧ください。
当社、スタッフが御社の希望を叶えたいと思っております。
ご連絡
↑クリックでメール、お電話、FAXなどでのお問い合わせ方法ご案内のページへとびます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。