@油圧シリンダー工房.com

失敗しない油圧装置の製造

お客様に満足して頂ける商品をご提供する為にも、是非参考にして頂きたい事例です。
設計の段階からお客様の情報を含め、詳細の要件を確認する事が大切であると当社は考えております。

1.予算について優先事項がある場合

失敗例
特殊な機能や形状のご依頼時でコストを調整する為、機能面を下げても良い場合は、 失敗しない為にも設計に入る前にお客様の優先すべき項目を確認させて頂く必要がございます。 予算の優先事項 失敗例
矢印
解決策
コストを優先する場合、事前にその予算をお伝え頂ければ、希望の予算に合わせたご提案が可能です。 予算の優先事項 成功例

■ ■ ■

2.使用方法について

失敗例
使用方法が担当者様が想定したものと異なる場合場合。
頂いた情報が不足していますと、見解の違う使用方法で設計・製作まで進んでしまう事がございます。
使用方法の伝達 失敗例
矢印
解決策
使用方法や実際に使用する環境など、FAXでも構いませんので当社にお伝え下さい。 使用方法の伝達 成功例

■ ■ ■

3.別所で作成された図面を使用される場合

失敗例
シリンダーの製作をご依頼頂く場合、納入図が過去の物であったり、他社の物の場合は、注意すべき点や材料など、出来る限り、お伝えください。
場合によっては、不具合などが発生する可能性がございます。
図面持ち込み 失敗例
矢印
解決策
過去に納入された図面を基準に製作する際に、材料の記載が無い場合がございます。お手数ではございますが、把握している情報は、出来る限りお伝えください。 図面持ち込み 成功例

■ ■ ■

4.納期の取決め方

失敗例
お電話などで、口頭による注文をした際の納期厳守。 ダミー画像
矢印
解決策
注文書を発行する場合は、必ず納期を明記してください。 ダミー画像

■ ■ ■



お問い合わせはこちらから

◆「こんなシリンダーほしいんだけど」とお思いの方は
ぜひ、当社にお声をおかけください。
また、仕様に近い商品群をご覧ください。
当社、スタッフが御社の希望を叶えたいと思っております。
ご連絡
↑クリックでメール、お電話、FAXなどでのお問い合わせ方法ご案内のページへとびます。

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。