@油圧シリンダー工房.com

油圧シリンダーの油漏れについて

油圧シリンダーの油漏れは、大まかに分けて、3ヵ所ございます。


1). 継手部から出る(溶接も含む)
2). ロッド以外から出る
3). ロッドから出る

1). 継手部から出る(溶接も含む)

この場合に考えられるのは、

配管が無理をしていないでしょうか?

特に、配管が無理をしていて、シリンダーが振動する場合にはこの現象が起きます。
現場で実際に見てみると、振動で配管が揺れている場合があるんですよ!
この状態でそのままシリンダーに直接配管していたら無理が出ることでしょう。

対策: その場合は油圧ホースを一部に入れるなどして 振動を和らげて下さい。

それでも振動がある場合は、バルブをショックレスバルブに変えて下さい。
そうして頂ければ直ります。


2). ロッド以外から出る

この場合に考えられるのは、

フープ応力 及び パイプでのOリングの劣化。

長年使ってきますと、パイプのOリングが劣化してきます
対策1: まずは、Oリングの交換です。


10年以上使っている、あるいは熱が常にかかっている場所では、パイプが輻射熱によって劣化している場合もございます。
その場合はパイプを交換するしかないと思います。
対策2: Oリングの交換をしても、それでも漏れているという場合には、パイプ交換しかないと思います。


3). ロッドから出る

この場合は、やや考え方が複雑になります。
まず、条件を出しましょう。

油漏れについて


お問い合わせはこちらから

◆「こんなシリンダーほしいんだけど」とお思いの方は
ぜひ、当社にお声をおかけください。
また、仕様に近い商品群をご覧ください。
当社、スタッフが御社の希望を叶えたいと思っております。
ご連絡
↑クリックでメール、お電話、FAXなどでのお問い合わせ方法ご案内のページへとびます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。