ゴミ処理用バケット油圧シリンダーを製作しました

当社はゴミ処理場バケットを製作している所より依頼を受け、
バケット用油圧シリンダーを製作いたしました。
ゴミ処理場のバケットは1つの爪を1つのシリンダーで動かすのですが、
京都のゴミ処理場へ修理に行った際見たのですが、それが人間3人~4人分くらいの人が入るようなしろものなのです。
そして、油圧の継手も独特なものが使用されていて、本当に念入りに調査しないと裏にはまってしまいます。
製作してみて、とにかく使用するパッキン・材質などはすべて一緒でなくてはなりません。
このように官庁向けの製品は管理の難しさが初めてわかりました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

お問い合わせは   ココをクリックしてください。